-------------------------------------------------------------
徳島同好会練習         健心流柔術 四国徳島同好会

              練習場所:徳島県板野郡北島町
              >>練習予定日    >>徳島同好会について
              動画一覧   >>技紹介   >>稽古風景



-------------------------------------------------------------


力まない

「力を抜く」、「力まない」と思っていてもやっぱり力が入っています。

徳島稽古会でも、相手をして下さった方に「○○に力が入っています。」とよくいわれました。

しかし、今回の稽古会でこの力みをとる方法が、一つ分かりました。

それは・・・

「数を重ねる」ことですね。

特に運動感覚の悪い私にとっては、コレしかないと思いました。

後は、根気との勝負でしょうか・・・

座ってもへっぴり腰

手のひらで繋がる

今日の練習も座位が中心です。

何とも地味な稽古ばかりですが、常に感覚を研ぎ澄まして体の中を行き来しています。

座ってからの繋がりの練習をしているうちに、手のひらを合わせての繋がりをやってみました。

座っての技ですので、かなり動きは限定され、体の使い方も単純化されているはずです。

しかし、こうした場面でも体の使い方の悪い癖は出てきます。

立っていると、へっぴり腰なんて悪い姿勢の典型がありますが、座ってもこれと同じようなことがあるようです。

「あるようです。」と言ったのは、私自身が覚知したのではなく、言われて初めて気づいたことだからです。

ただ、今までもよく似たことは言われましたが、それは単なる結果です。

自分の体がどうなっているのかという、その本質が分かったのは、「力を抜く」という大原則に気づいたからだと思っています。

力を抜く

技をかけるときには、「力を抜く」とよく言われます。

力を抜くといっても、すべて抜いてしますと腕はだらりとなり、立つこともできなくなります。

しかし、技をかけるときには力は必要がないはずです。

なかなか、コレが理解できないものなのです。

力まないで、力を使わず相手を崩すというのは、意識の底では信じられないことです。

特に、私はこの自縄自縛にかかっているような気がします。

ただ、やっているうちに体の感覚として、「これか!」というものがあるはずです。

頭ではわかっていなくても、体は本来持っていて、気が付かないところで使っている状態だと思います。

なので、この自縄自縛を解く鍵は、意外と身近なところに見つけられるかもしれません。




calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

contact us

お問い合わせはこちらから。
入力ページが開きますので、必要事項をご記入の上、送信して下さい。

健心流徳島同好会について
見学・体験・入会募集中

recent movies

地域稽古会・講習会

一般・同好会会員参加募集中

・大阪稽古会
  2019年○月○日(土) 調整中

latest entries

categories

recent comment

links

other link


にほんブログ村
  • SEOブログパーツ

profile

書いた記事数:424 最後に更新した日:2019/06/18

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM